ローハンプトン大学(Roehampton University)

English

HOME > 大学の紹介 > ローハンプトン大学(Roehampton University)の概要

大学の紹介

学校施設・サービス

ラーニング・リソース・センター / 図書館

ラーニング・リソース・センター(LRC) 内図書館の蔵書数は490,000冊、ジャーナル誌は1,500冊にのぼります。 また、視聴覚資料や電子情報資料を多数保有しているほか、閲覧・勉強スペース、鑑賞室、コンピュータ・ルーム、メディア・センター、テレビ・写真スタジオなどがあり、学生に快適な学習環境を提供しています。LRCスタッフはこれらリソースの扱い方やPCの使用方法に関しての問い合わせに対応しているほか、グラフィックなどの専門ソフトに関してのサポートを行っています。
LRCをベースにしている大学のイーラーニング(e-Learning)チームのスタッフは、WebCTを使用し、バーチャルの学習環境を提供して、スタッフや学生にトレーニングやサポートを行っています。

IT設備

オープン・アクセスのコンピュータ・ルームは、ラーニング・リソース・センター(LRC)内、および各キャンパスに位置しています。LRCではサポート・スタッフが質問やトラブルに対応しています。LRCだけでも3つのコンピュータ・ルームがあり、100台のコンピュータのほか、カラー・白黒印刷プリンター、コンピュータを使用してのグループ・スタディーが可能なスペースなど、充実した環境です。 キャンパス内には24時間アクセス可能なエリアもあり、また指定されたワイアレス・エリアが点在しているので、自身のラップトップを使ってインターネットやウェブベースのサービスにアクセスすることもできます。 寮などでもPCを使用して勉強ができるよう、ラップトップの貸し出しサービスを行っており、スキル向上のための各種ITトレーニングコースも受講することができます。

インターナショナル・センター -留学生対象サービス

インターナショナル・センターは、常に学生中心のサービスを心がけており、これはインターネット上や留学フェアでの入学に関する質問・相談に始まり、卒業またはそれ以降のケアに至るまで継続して行われています。願書の書き方や寮の手配、Visa情報、銀行口座開設、国内外旅行などに関することまで、ここで対応してくれます。また、ロンドンのバス観光やバース、ストーンヘンジなどの観光地を訪れる日帰り旅行を企画し、テムズ川でのボート・パーティーや帰国する留学生のためのフェアウェルパーティーなどのイベントも主催しています。
毎学期開始時にはオリエンテーションを行っています。ローハンプトンで生活、勉強する上での詳細な情報を得た後は、ウェルカムディナーも用意されており、いち早く環境に馴染み、新しい友人をつくるには最高の機会です。
インターナショナル・センターでは、空港でのピックアップ・サービスも手配しています。空港でセンタースタッフによって出迎えられ、大学まで誘導してもらえるので、はじめてローハンプトンを訪れる学生にとっても安心です。

スチューデント・ユニオン

ローハンプトン大学(Roehampton University)スチューデント・ユニオン(RSU)は、学術面以外の大学生活をバックアップするためにあります。学生の代表となり、また全学生に幅広いサービス、情報、機会を提供することで、学生生活が充実し、ストレス・フリーなものになるよう活動しています。
ユニオンのウェルフェアサービスは、学生のあらゆる相談にも応じていますが、特にファイナンスとアカデミックアドバイスが専門分野です。また、ユニオンは幅広いスポーツの機会も提供しています。運動部活動のサポートを行っているほか、学生が気軽に参加し健康を保てるように太極拳、エアロビクス・クラスなども設けています。ユニオンのエンターテイメント・チームは、なんと週一回の頻度でイベントを企画。参加したいパーティや旅行がきっと見つかるはずです。

宿泊施設

ローハンプトン大学(Roehampton University)キャンパス内の学生寮はすべて一人部屋(勉強部屋兼寝室)、その多くが専用バスルーム付きでインターネット接続が可能です。ローハンプトン大学(Roehampton University)は、強いカレッジ制の伝統を有しており、寮はすべて4つのカレッジの所有であるため、和やかなコミュニティー的雰囲気が漂います。留学生が安全なキャンパス内の寮で落ち着いた学生生活を送ることができるよう、原則として留学生の初年度におけるキャンパス内の入寮を保障していますが、部屋の手配は申し込み順ですので、早めに検討する必要があります。大学キャンパス内の寮に関する詳細は、大学の英語サイトで確認することができます。
icon http://www.roehampton.ac.uk/admissions/accommodation/universityaccommodation/oncampus.html

また、キャンパスから少し離れた場所に住んでいる学生も多くいます。大学院課程の学生や、比較的年齢が上の学生は、こちらのタイプを好む傾向があります。大学のアコモデーション・オフィスが大学周辺の賃貸物件を探す手助けをしてくれるほか、ホストファミリーを探すサポートも行っています。ホームステイは、ファウンデーション・コースなどに通う留学生にはお勧めです。会話力が向上するだけでなく、イギリスの家庭生活を体験することができます。
icon http://www.roehampton.ac.uk/admissions/accommodation/offcampus/offcampus.html

役に立つリンク:All-Unied.com(http://www.all-unied.com/) 
寮生活をスムーズに始めるために必要な、食器、調理器具、シーツ、タオルといった必須アイテムをそろえ、学生の到着に合わせて部屋にデリバリーしてくれるサービスの紹介。

寮費 (2013/2014)

  英ポンド 日本円 (£1=¥150 換算)
学生寮(1週間) £100.45~£129.5 ¥15,068~¥19,425

その他の施設・サービス

● メディカル・センター&カウンセリング
ローハンプトン大学(Roehampton University)のメディカル・センターでは、学生が病気やストレスに悩まされることなく、楽しく学生生活を送ることができるよう積極的にサポートしています。治療・相談が必要なときに迅速に対応できるように、入学時の登録を勧めています。6ヶ月以上滞在する留学生は、UK国営医療機関(NHS)による無料ヘルスケアサービスを受けることができます。また、事故や救急の際は近隣の病院で無料診察してもらえますが、渡英前に保険に入っておくと安心でしょう。
大学にはカウンセリング・サービスもあります。留学生の中にはホームシックや新たな環境に馴染めず悩み、勉強に支障がでてしまうケースがあります。カウンセラーはどんな些細な問題にも真剣に耳を傾け、改善策を探り手助けしてくれます。

● スポーツ
ローハンプトン大学(Roehampton University)には27のスポーツチームがあります。バドミントン、ホッケー、キックボクシング、テニス、ラグビー、サッカーなど、学生はそれぞれにあったレベルで汗を流しています。

● ランゲージ・センター
ランゲージ・センターは、外国語を学びたい学生のために開かれた自主学習による語学学習スペースです。多数の外国語の教材を備えています。

● レストラン、カフェ、バー
キャンパスには9つの飲食施設があり、多彩なメニューを手頃な価格で提供しています。

● セキュリティー
大学のセキュリティーは、常時24時間体制で稼動しています。スタッフが定期的にキャンパスを巡回しているほか、緊急時に備えて、いつでも通話可能な電話番号もあるので安心です。